キーワードの密度

◎アルゴリズムはキーワードの密度もチェックしています。

キーワードを無節操に盛り込むのはSEO的には逆効果です。 複数のキーワードは近くに配置したほうがいいです。 アルゴリズムがウェプページとキーワードの関係性を判断する手がか りの lつに、「キ ーワー ドがどれだけページ内に存在しているか」 ということがあります。普通ならページ内にあまり出てこない言葉よりも、頻繁に出てくる言葉の方が、ページとの関連が深いからです。後者の方がSEOの効果が高いです。アルゴリズムは一般的に、「キ ーワー ドの密度を調べている」といわ れています。
◎キーワードは程良い密度で
SEOでは、キーワー ドをむやみやたらに書き込めばいいというわけではありません。 キーワードが異常な密度で並ぶこ とは、普通にページを作っている場合はありえないことだからです。 かつて、キーワードを見えないようにして(背景と同色にしたり、異 常に小さくするなど)大量に列挙することで、そのキーワードとの関連 付けを無理矢理に高めようとする手法が横行した時期がありました。その対抗策として、検索エンジンはキーワード密度が高すぎるページを排除するようになっています。したがって、キーワードは程良い密度で盛り込むのがベストです。 また、キーワードが多すぎる文章は訪問者にもくどすぎる印象を与え てしまいます。キーワードのバランス調整は、読んだ際にしつこくなりすぎないように気をつけてください。ホームページは最終的に人が読むものである、ということを忘れないようにしましょう。