リンク元のページ

多くのアクセスを誘導しているリンクを見つける

Google Analyticsを使えば、どんなサイトからアクセスがあるのかが簡単にわかります。全体のアクセスを網羅するなら、[トラフィック]のメニューから[全ての参照元]を見るのが便利です。この中には、検索エンジンだけでなく、ブログや普通のサイトなど、あなたのサイトにアクセスを誘導しているサイトがひと目でわかります。それは、何らかのリンクが張られているか、検索結果に表示されているということを表しています。たとえば、Googleの場合は、「google/organic」という表示が検索結果かうのアクセスで、「google/cpc」という表示はキーワード広告からのアクセスになります。

しかし、[全ての参照元]で表示されるサイトは、どのページからリンクされているかわかりません。そこで次ページの手順のように[参照サイト]を選択すると、リンクをたどってきたアクセスがわかります。リストに表示されたサイトの一覧をクリックすると、リンク元のページの詳しいURLがわかります。訪問数の多いページを、2つのポイン卜からチェツクしてみましょう。

1つ目に、そのページが何をテーマにしているかを見ます。自分のサイトに興味をもっているのが、どんな人たちなのかがわかります。たとえば料理がテーマのサイトで、イタリア料理に関連したページかうのアクセスが多いのであれば、イタりア料理の話題を充実させてみましょう。より高い支持を得られるかもしれません。

2つ目に、相手のPageRankを調べてみましょう。自分のページと同等かそれ以上なら、「リンクのお礼」のメールを送り、リンクのお礼とお返しにこちらからもリンクをするという旨を伝えます。とれがきっかけで交流が深まったら、お互いの個別ページ同士など、細かに相互リンクを張り合えるようになります。