シンガポールのSEO SEM

シンガボールのネット市場

アジアのハフ。としても、注目が高まっているシンカ、、ポール。人口は500万人程度ですが、人口の70%がネットユーザーで、人口の65%がFacebookを利用していることからも、アジアの中ではネットの普及率が高い国の1っと言えます。

特徴としては、公用語が4種類あること。英語、中国語(簡体字)、マレーシア語、タミル語です。このため、シンガポール向けにウェブマーケテイングを実施するには、どの言語をターゲ、ットにするかを決めなくてはなりません。

人口分布は中国人(74%)、マレーシア人(13%)、インド人(9.2%)ですが、すべての学校で英語がファーストランゲージとされています。そのため、英語または、中国語(簡体字)を基本に考えるべきでしょう。

eコマース、3割が旅行

2011 年に行われたPaypalの調査によると、2010年から2015年にかけてeコマース市場規模が約4倍になると予測されています。2010年度の業界別売上高を見ると、旅行関連の売上高が高く3億700万SGドルと、オンラインショッピング市場全体の28%を占めています。

検索エンジンシェア

シンガポールではGoogleが86.5%と高いシェアを獲得しています。ファーストランゲージの英語での検索が多いのですが、Google Singaporeは 4 種類の公用語いずれでも検索可能です。

シンガポールのSEO対策

Googleのシェアが高いことから、GoogleのSEO対策が基本です。被リンク対策、サイト告知のためにも、以下の検索エンジンディレクトリへの登録をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です