SEOで成功する会社、失敗する会社

SEOを行う上で大切にすることは、絶対に焦らないということ です。 ウェブサイトの改善を行っても、すぐには効果が出ません。最低でも、 2 週間くらいはじっくり様子を見ます。順位を落とした時も同じです。l位から圏外に落ちたとしても、焦らずに2週間くらいは様子を観るようにしています。なぜなら、原因が特定できないからです。

 SEOで原因を特定するのは難しいことですが、勝手な思い込みであれこれ行うより、経過を観察することで原因が判明したり、経過観察中に順位が回復することもあるからです。SEOは焦ったら負け、なのです。SEOで成功する会社は、①コンテンツ制作能力があり、②コツコツまじ めな会社です。そうです、 SEOはまじめでコツコツ型の日本企業にあっているのです。特に、個人経営者、中小企業は積極的に SEOを行って、インターネットでさらに業績を伸ばしていただきたいと思います。SEOで成功している個人経営者、中小企業の特徴は、短期間の順位変動に一喜一憂せず、コツコツとコンテンツを増やし続けています。

 検索順位は、ウェブページ全体で相対的に決まります。ルーチンを継続してやり続けることが、結果的に安定した検索順位を獲得することにつながるのです。

 また、検索順位は景気に連動しません。好景気でも不景気でもルーチン をしっかり行企っていれば、順位は安定します。特に、SEOは不景気の時に威力を発揮してくれます。今の取引先よりもいい会社はないか、新しいサービスはないか、など多くの企業が業務の見直しを行うからです。

 逆に SEOで失敗している会社は、短期間の順位変動に過剰に反応してしまい、目標キーワードを大量に詰め込んだり、強調タグを増やしたり、大 量のリンクを買ったりしてしまいます。 SEO担当者は、順位が落ちると冷静さを失います。そもそも、Google以外の私たちは、検索順位を決めることはできません。その前提で、冷静な現状分析と打ち手を着実に行うこと が重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です