動的URLの自動生成

賃貸物件などを検索する不動産専用の検索サイトや、洋服の通販サイトといったものは、いくつかのカテゴリー分類から下層ページへ移動していくといった場合がほとんどと言えるでしょう。こういったパターンでページを移動していく場合、システムによっては、パラメータが振られてしまった「動的URL」というものが自動的に作成されてしまう可能性があるようです。動的URLが自動生成されてしまった場合、意図していないにも関わらず、重複コンテンツとみなされてしまう可能性があるようです。このようなことを防ぐためにも、<Search Console>を使用し、パラメータのインデックスを制限することが大切でしょう。自身のサイトに合わせた適切な設定を行えることが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です