プレスリリースを一斉配信する

プレスリリースを配信することで得られる最大のメリットは、「広告ではなく記事になる」ということ。
広告であれば読み飛ばされやすいのですが、記事という扱いであれば、読まれやすいという傾向もあります。
実は、そこがプレスリリースを配信するいちばんの狙いなのです。
広告は確実に掲載される半面、料金が高く、プレスリリースは料金が安くても掲載されるかどうかは媒体側任せとなります。
そういったギャンブル的な要素のある宣伝方法ではありますが、うまくハマれば広告よりも注文や問い合わせが増えることも考えられます。
配信する際は、各メディアの編集部の記者に興味を持ってもらえるようなネタの切り口を考えなければなりません。
そこで重要になるのは、プレスリリースのタイトルと全体の概要文です。
プレスリリースは、ほとんどここで勝負が決まります。
記者は、あなたの会社以外にも多くの会社のプレスリリースを読むので、一日のうちで目を通すプレスリリースの数は膨大になります。
そうなるとタイトルの時点でつまらなければ読んでもらえませんし、概要文で興味や魅力を持ってもらえなければ、肝心の内容まで進まないことは十分に想像できるでしょう。
したがって、既存の商品やサービスであっても、何か目新しい切り口を考えてから配信するようにしてください。

プレスリリース配信サービスの特徴

プレスリリースの配信サービスを利用すれば3万円前後で、多くの媒体に一斉配信することができます。
しかし、リリースの内容があまりにもつまらなければ、数社しか掲載してもらえなかったり、最悪の場合はどこに も取り上げてもらえないので気を付けてください。
実際に配信される媒体数は、サービスによってまちまちですが、配信サービスを提供する会社によって、数百社を選定して配信しているサービスと、配信が可能な全媒体に配信するサービスがあります。
前者の場合は媒体を選んでプレスリリースを配信しているので、掲載される確率が高いとも考えられ、後者の場合は多くの配信先に送って、どこかの媒体に取り上げられるとも考えられます。
配信サービスを提供する会社によって、配信できる媒体が異なったり、媒体側の会社や記者との親密度もあるので、実際にいくつかの配信サービスを試しながら、あなたが狙っている媒体との相性を確かめていきましょう。

検索結果での状況を把握する

SEOの改善で欠かすことができないのが、Googleが無料で提供しているサーチコンソールと呼ばれるツールです。
このサーチコンソールはwebサイトを持っている人のためのツールで、サーチコンソールを使うと、あなたのwebサイトで、どれくらいのページをクローラーが読んだのか、どれくらいのページがインデックスされたのかを知ることができたり、Googleにwebサイトの情報を送ったり、ペナルティがあったときに連絡が届いたりします。
ほかにも、あなたのwebサイトへの被リンクの状況や、webサイト内のリンクの状況や、あなたのwebページやwebサイトの検索結果での状況(表示回数やクリック数、平均順位など)をチェックすることができます。
SEOに取り組んでいくうえで、サーチコンソールを使わないのは、歩きやすい道があるのに、わざわざ難しく険しい道を進むようなものですので、必ず利用しましょう。

変化したSEO対策

「小手先」で成果が出る時代は終わっりました。数年前まで「SEO」といえば、「大量の被リンクを貼る」「とにかくキーワードを埋め込む」など小手先の表面的な手法ばかりが叫ばれていました。そういった小手先の手法 がインターネ ット上に蔓延することで、検索をしている人の役に立たないwebサイト ばかりが表示されるようになりました。そのため、Googleが検索した結果を掲載するための「検索アルゴリズム」に大幅な修正を加えることになりました。この大幅な修正により小手先の手法が横行するSEOの時代は終わりを告げました。 現在では、 webサイトを訪問した人にとって満足できるものであるかどうか、検索をしている人にとって役に立っかどうかが重要です。そのためwebサイトを訪問する人や検索をしている人をないがしろにする小手先の手法は現在の主流と逆行しているので、成果を出すことはできません。それどころか、 webサイトとして立ち直れないほどの痛手を追ってしまう可能性の方が高いのです

SEOで成功する会社、失敗する会社

SEOを行う上で大切にすることは、絶対に焦らないということ です。 ウェブサイトの改善を行っても、すぐには効果が出ません。最低でも、 2 週間くらいはじっくり様子を見ます。順位を落とした時も同じです。l位から圏外に落ちたとしても、焦らずに2週間くらいは様子を観るようにしています。なぜなら、原因が特定できないからです。

 SEOで原因を特定するのは難しいことですが、勝手な思い込みであれこれ行うより、経過を観察することで原因が判明したり、経過観察中に順位が回復することもあるからです。SEOは焦ったら負け、なのです。SEOで成功する会社は、①コンテンツ制作能力があり、②コツコツまじ めな会社です。そうです、 SEOはまじめでコツコツ型の日本企業にあっているのです。特に、個人経営者、中小企業は積極的に SEOを行って、インターネットでさらに業績を伸ばしていただきたいと思います。SEOで成功している個人経営者、中小企業の特徴は、短期間の順位変動に一喜一憂せず、コツコツとコンテンツを増やし続けています。

 検索順位は、ウェブページ全体で相対的に決まります。ルーチンを継続してやり続けることが、結果的に安定した検索順位を獲得することにつながるのです。

 また、検索順位は景気に連動しません。好景気でも不景気でもルーチン をしっかり行企っていれば、順位は安定します。特に、SEOは不景気の時に威力を発揮してくれます。今の取引先よりもいい会社はないか、新しいサービスはないか、など多くの企業が業務の見直しを行うからです。

 逆に SEOで失敗している会社は、短期間の順位変動に過剰に反応してしまい、目標キーワードを大量に詰め込んだり、強調タグを増やしたり、大 量のリンクを買ったりしてしまいます。 SEO担当者は、順位が落ちると冷静さを失います。そもそも、Google以外の私たちは、検索順位を決めることはできません。その前提で、冷静な現状分析と打ち手を着実に行うこと が重要なのです。

写真の内容をロボットに伝えよう

ブログに写真やイラストを掲載している人は、多いと思います。中には、そういった画像が主体のブログ、をやっていたり、ブログの内容的に画像が必要不可欠な方もいるでしょう 。例えば、商品レビューのような内容のブログだと 、写真を載せるか載せないかで、だいぶ読者の反応が違ったりします。ところが、実はブログにどれだけ素晴らしい写真 ・素材を掲載していても、基本的に検索エンジンのロボットは、それがどのような写真・素材なのか判断することができません。せっかくの画像が検索エンジンにはまったく認識されていないとしたら、非常にもったいない話だと思いませんか?
これは、ブログで画像を表示する仕組みに原因があります。ブログでは、 lmgタグを使って写真や素材を表示しています。具体的には、記事を投稿する際に、 <img src=”A”> (A の部分には写真の場所とファイル名が入ります)と記載すると、その部分が写真・ 素材に置き換えられて表示されるのです。ですので、読者の目には写真に見えても、検索エンジンには 「<img src=”A “」という文字にしか見えないわけです。そこでぜひ使いたいのが「alt属性」です 。alt 属性を利
用すると、写真の説明文を検索エンジンに伝えられ、評価を上げることができます。検索エンジンはa l t 属性に書かれている文章を見て、どのような写真・素材なのか判断しているのです。

コピーサイト

サイトをなるべくたくさん持つべきではありますが、コピーサイトではいけませ ん。
検証実験の結果ではコピーサイトでも削除されることはありませんでしたが、上位表示も実現しにくいということがわかりました。
もしコピーサイトを持っている場合は、どちらかを削除するか作り直すかの対策 を行いましょう。残ったサイトが上位表示しやすくなるはずです。したミラーサイトの検証では、ほとんどまっ たく同じ条件で作成したミラーサイト 2つの順位推移は次のようになりました。 両サイトともドメイン取得とサイト作成を同日に行った「コスト削減」に 関して サイトで、「コスト削減」の検索順位を追いました。両サイトをA及びBとします。
ヤフー

Aは作成後約 1 カ月で圏外から 24位に上がり、その後2か月間20~60位の範囲 を推移しました。その後約 1. 5か月聞は圏外に落ちるものの、また20 位代に上がり ました。 Bは検証した5か月閉まったく 100 位以内に入りませんでした。
グーグル

Aは作成後2週間で圏外から 16 1:立に上がり、その後 4か月以上ほとんど 100 位以 内で、 100位以下に下がったのは途中の10日間程度でした。 Bは5カ月間を通じて 100 位以内に入ったのは4日間のみとなりました。

ページ構成を考える

何かを解説するページを作るとき、コンテンツの大部分が文章になってしまうことは少なくありません。文字で埋めつくされたページはユーザーへの印象が悪く、サイト(ページ)にアクセスした瞬間に元のページに戻られてしまう可能性もあります。

 

改善策として最初に思いつくのは、画像やイラストの利用です。現 在は一般的なデジタル力メラでも高晶質な写真を撮ることができるので、ぜひ利用したいところです。フリーやオリジナルのイラストを使うことも有効ですが、時間やコストなどを考えると多用は難しいでしょう 。

そのようなときは、文章を箇条書きにするのもよいアイデアです。解説文のまとめとして、重要なポイン卜を箇条書きにしたり、手順をステッブごとに整理して並べても、ユーザーの理解が深まります。

ユーザーの理解が深まると、結果として満足度が上がります。多くのユーザーに満足してもらい、「このサイトはわかりやすい」という感想を持ってもらえることは、アクセス数や被リンクの増加などから、 長期的な目で見れば検索結果の上位表示にもつながります。

HTMLファイル

保存する場所を指定するHTMLを記述した文書のファイルをHTMLファイルと呼ぶことにします。HTMLファイルを保存するには、まず[ ファイル] メニューから名前を付けて保存を選択すると、 [名前を付けて保存] ダイアログボックスが表示されます。ホームページ作成用に専用のフォル ダを作成しておくとあとの作業がやりやすくな ります。フォルダの場所はデスクトップがわか りやすいでしょう。[ 名前を付けて保存] ダイアログボックス上部の保存する場所に[デスクトップ] を指定し、[ フォルダの参照] ボタンをクリックします。新しいフォルダを作成するフォルダの中身が表示されます。フォルダ内の 何もないところで右クリックして、表示され るメニューから[ 新規作成] →[ フォルダ] を選択します。TextEditの場合は、[ファイル] メニューから [ 別名で保存] を選択すると、[ 別名で保存] ダイ アログボックスが表示されます。[ 場所] [ デ スクトップ]を指定して[新規フォルダ]ボタン をクリックするとデスクトップに新しいフォ ルダを作成できます。ホームページ作成には、HTMLのコーディングが必要です。きちんとしたホームページ作成をしたいのであればWEB制作会社に依頼すべきです。おすすめのWEB制作会社をご紹介します.

シンガポールのSEO SEM

シンガボールのネット市場

アジアのハフ。としても、注目が高まっているシンカ、、ポール。人口は500万人程度ですが、人口の70%がネットユーザーで、人口の65%がFacebookを利用していることからも、アジアの中ではネットの普及率が高い国の1っと言えます。

特徴としては、公用語が4種類あること。英語、中国語(簡体字)、マレーシア語、タミル語です。このため、シンガポール向けにウェブマーケテイングを実施するには、どの言語をターゲ、ットにするかを決めなくてはなりません。

人口分布は中国人(74%)、マレーシア人(13%)、インド人(9.2%)ですが、すべての学校で英語がファーストランゲージとされています。そのため、英語または、中国語(簡体字)を基本に考えるべきでしょう。

eコマース、3割が旅行

2011 年に行われたPaypalの調査によると、2010年から2015年にかけてeコマース市場規模が約4倍になると予測されています。2010年度の業界別売上高を見ると、旅行関連の売上高が高く3億700万SGドルと、オンラインショッピング市場全体の28%を占めています。

検索エンジンシェア

シンガポールではGoogleが86.5%と高いシェアを獲得しています。ファーストランゲージの英語での検索が多いのですが、Google Singaporeは 4 種類の公用語いずれでも検索可能です。

シンガポールのSEO対策

Googleのシェアが高いことから、GoogleのSEO対策が基本です。被リンク対策、サイト告知のためにも、以下の検索エンジンディレクトリへの登録をおすすめします。